■ Q1 土地が無いのですが、どのようにしたらよろしいですか?
A.  土地を購入することは、住宅全体の予算や住宅の形状に大きく影響するため、そのことを理解したうえで土地購入の決定をしていただきたいです。
 一般的に建築費より土地代金に多く資金を使われる方が多いように思われます。その点をよく考慮していただきたいと思います。

 又、資金計画の面では、建築費と土地代金を合わせての住宅ローンになるので、別々には考えられなくなるからです。(自己資金だけで土地を購入する場合は別でしょうが)


 学校のグランドの隣接地は、日当たりはいいが騒音と砂埃で窓の開けれない土地。価格は安いが基礎工事・杭工事で費用がかかってしまう土地。間口が狭い又は変形地のため相場より安く購入できる土地。見る角度を変えればいい土地・悪い土地が変わってしまいます。

  

 Q2 土地が無いのですが、自己資金はどのくらい必要ですか?
A.  土地を購入して住宅を建てる場合、

   ¥100万円位

ご用意いただければ、資金計画は成り立ちます。当然住宅ローン審査が必要で、総工事費や本人の年収・勤務先等により条件は変わります。



 Q3 建築予算は、どのくらいで考えておけばよろしいですか?
A.  構造や規模・仕様により大きく異なるため一概に言えませんが一般木造個人住宅30坪〜36坪(施工面積)で〜60万〜/坪を目安にお考え下さい。(工事費・設計料含む)

 施主の予算・希望を考え、限られた予算の中で最大限の満足をいただけるよう提案させていただきます。