暑寒別岳を望む住宅
 



建築日記 7


竣工  2014.09.24

キッチン搬入  2014.09.15

暖房金物  2014.09.09

キッチンの造作工事  2014.09.09

浴室  2014.09.04

石張り  2014.09.03

鉄骨階段  2014.08.18

ロードヒーティングの復旧工事  2014.08.01

ウレタン断熱  2014.07.14

上棟  2014.06.06

基礎工事完了  2014.05.24

コンクリート打設  2014.05.20

基礎工事  2014.05.07

少し遅れた植栽の移植  2014.04.24

大木の伐採  2013.12.02

乾燥後に傾斜地の笹の処理  2013.11.22

色付く紅葉  2013.10.19

傾斜地の伐採  2013.10.07

解体工事  2013.07.27

雑木林に埋もれた2軒の住宅  2013.05.30





■  建築日記 1
賃貸マンション派が戸建住宅に住むまで

■  建築日記 2
広い空き地が住宅地に変わり、
30代の家族が住むまで


■  建築日記 3
築41年のブロック住宅の再生

■  建築日記 4
14坪の平屋建住宅の再生

■  建築日記 5
高台に建つ秋田杉の家

■  建築日記 6
桜の木が見える再生住宅



2013.05.30
「雑木林に埋もれた2軒の住宅」
  傾斜地も含めると1,000u以上の土地が雑木林に埋もれ、放置状態の売地。しかしその奥は、藻岩山から遠くは暑寒別岳まで見渡せる絶景の住宅地です。













  2013.07.27
「解体工事」
 住宅・塀の解体、植栽の伐採。











2013.10.07
「傾斜地の伐採」





  2013.10.19
「色付く紅葉」












 
  2013.11.22
「乾燥後に傾斜地の笹の処理」










 
  2013.12.02
「大木の伐採」

 高さ10mを優に超える栗の木は、隣地に大きく迫出た枝が今後のトラブルになると考え、止むを得ず伐採することにした。



生い茂った状態の時(撮影2013-07-23)






 これで、新しい住人を待つだけになりました。



 
2014.04.24
「少し遅れた植栽の移植」

 プランの決定に時間がかかり植栽の移植には少し暖かくなりすぎました。造園業者には保障は出来ないと言われたが、伐採よりは移植の選択をしました。















2014.05.07
「基礎工事」







2014.05.20
「コンクリート打設」











2014.05.24
「基礎工事完了」










2014.06.06
「上棟」










2014.07.14
「ウレタン断熱」

 




2014.08.01
「ロードヒーティングの復旧工事」

 上・下水道を引き込むため、ロードヒーティングの入った道路を横断して工事することになりました。







2014.08.18
「鉄骨階段」






2014.09.03
「石張り」
 




2014.09.04
「浴室」

 FRP防水を行い、床暖パイピング・水洗カランの設置・タイル工事と、在来浴室は手間隙がかかります。









2014.09.09
「キッチンの造作工事」








2014.09.09
「暖房金物」

 本来は壁に取付ける暖房パネルを、金物を作成して柱に取付けました。





2014.09.15
「キッチン搬入」






2014.09.24
「竣工」